マニキュアとジェルネイルの違いとは?

指先を個性的なデザインで彩る女性が増えています。
その中でも人気なのがジェルネイルです。
一体ジェルとマニキュアは何が違うのだろうと、疑問に思う人もいらっしゃいますよね。
そこで簡単にご説明しますと、マニキュアはご存じの方も多いと思いますが、塗って乾かすだけで爪を好きな色にすることができます。
除光液でオフすることができ、誰でも手軽に楽しむことができます。
それに対してジェルネイルは、サロンで施術を受ける人が多いです。
ゲル状の樹脂を塗りUVライトにあてることによって固めて仕上げます。
発色がよく透明度の高いツヤが出せるのが特徴です。
一度施術を受ければ通常なら3〜4週間は持つので、マニキュアと違って剥がれる心配がありません。
ワンカラーやグラデーション、フレンチなどをベースに、ラインストーンやラメなどを追加して様々なデザインやアートを楽しむことができるのが一番の人気の理由と言えるでしょう。
しかし、ジェルをオフするのは簡単には行きません。
地爪を傷めないためにも初心者は、サロンでオフしてもらうのが一番ですが、セルフでもコツさえ覚えればオフすることは可能です。
オフした後は、爪が非常にデリケートな状態になっていますにで必ずネイル用オイルで保湿を行いましょう。