歯並びの大切さを歯科矯正から学びました

歯並びを並べる事は、健康面の改善も出来るという事を知り興味が湧き、歯の矯正についていろいろ学んでみたいと思うようになりました。
肩こり、肥満、高血圧、仮性近視などの原因は歯並びの影響からくるのも関係しているようです。
全身にわたって血管と神経がはりめぐっているので肩こりが生じ、仮性近視は、食物を噛む時には顎の筋肉を使うので、偏って働く顎の筋肉が近くにある眼球を含む骨に刺激が伝わり眼球が圧迫され、視力調整機能に負担をかけるという事を知り今回学んでみて驚きでした。
矯正治療をしていくににあたって、時間がかかるのではないかと思いましたが、その心配はないようです。
近年はスピード矯正といって、忙しい人向けの治療法も開発されているようです。
コルチコトミーやオステオトミー、インプラント等を併用舌療で治療期間は今まで4分の1から半分程に短縮された治療法があるという事で嬉しいかぎりです。
患者の80パーセント以上が半年から8ヶ月で治療が終了という事ですので、こんな方法もあるという事も覚えておくのも良い事だと思います。
歯科医院を選ぶにあたって患者さんの立場にたって相談にのってくれたり、治療終了後の歯のメンテナンスもきちんとやってくれる所を選んでみたいものです。

合わせて読みたい情報:CLICK HERE