治療後や矯正中のPMTCを重視する大森駅チカの歯科医院

口の中には細菌がいて、人それぞれのバランスを保っています。
歯科疾患の代表であるむし歯や歯周病はこれら口の中にいる細菌の感染症です。
むし歯や歯周病の治療が終わっても、口の中には細菌がいるので細菌対策をしないと感染は再発してしまいます。
細菌は食べかすなどを栄養にしてどんどん増殖し、バイオフィルムと呼ばれるコロニーのような塊を作ります。
バイオフィルムができてしまうと自分での歯磨きで取り除くことは困難です。
品川駅からもアクセスのよい、京浜東北線の大森駅の駅ビル内にある横須賀歯科医院は、予防歯科の大切さを患者さんに日々伝えている歯医者さんです。
歯周病や虫歯の治療が終わった人にも、丁寧なPMTCを行って細菌にとって好ましくない口内環境を整える処置をしています。
PMTCというのは、歯医者さんで受ける専門の機器や技術を使った歯のクリーニングです。
PMTCでは細菌の塊であるバイオフィルムもきれいに取り除けますし、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の間に入りこんでいるプラークや歯周病の原因菌もスケーリングという処置で除去できます。
また、歯列の矯正中は歯の表面に器具を装着するため、普段よりも歯磨きがしにくくなりバイオフィルムやプラークが溜まりやすい状態にあります。
横須賀歯科医院では、プチ矯正も含めて歯並びの治療中にはPMTCを重視しています。