ビットコインには中央銀行がない

ビットコインは完全な分散型システムだと言えるでしょう。
例えば、パソコンにシステムをインストールすれば、そのパソコンがシステムの一部となります。
インストールされているコンピュータのすべてがシステムの一部となって全体が構成されているわけです。
銀行のシステムの場合、それを集約して管理するシステムがどこかに存在します。
すべての端末は中央のシステムにアクセスして情報を得ることになりますが、ビットコインではこの中央のシステムがありません。
アメリカドルを管理しているのはFRBであり、日本円を管理しているのは日銀で、それらは中央銀行と呼ばれます。
このような中央銀行があることによっていろいろな政策を行うことができるのですが、逆に言えば資産を中央銀行に握られていると言っても良いでしょう。
中央銀行があることによって、その管理はきちんと行われますし、それによって価値が保証されるというメリットはあるのですが、ビットコインには中央銀行はありません。
中央銀行がありませんから、通貨の価値に対して人間の意思が働かないことです。
現実の通貨にはいろいろな意思が入り交じります。
政治的な要因によって通貨の価値が上昇したり下落したりします。
ここ最近の日銀の金融緩和がその代表的な例でしょう。
政治によって影響を受けないという点で優れています。