Deep Learningの環境を構築するためのパソコン

自動運転などの技術に採用されているDeep Learning(ディープ ラーニング)は、最新のAI分野の中でも、多くの方がチャレンジしている技術になります。
最近では、自動運転などにも採用されていることがニュースになりましたので、エンジニアではない一般の方からも認知されている技術になっています。

Deep Learningは、ここ数年で急激に発展してきた理由として考えられるものが、GPUの登場です。
GPUは、Graphics Processing Unitの略称で、リアルタイム画像処理に特化したプロセッサです。
自動運転時には、大量の映像を同時に処理する必要がありますので、GPUの存在が必要不可欠だったのです。

企業でDeep Learningを使った開発などを考えているのなら、ハイスペックのGPUが搭載されていること、容量の多いメインメモリ、ハイスペックのCPU、ストレージはSSDなどの条件を満たしたパソコンが必要になります。
これらの条件を全て満たしているパソコンとなると、非常に高価なパソコンになります。
購入時期のプロセッサなどの価格にもよりますが、50万円前後はすると思われます。
高価なパソコンが用意できないという場合には、クラウド上でGPUを使用することができるM:CPPのサービスを利用するのがおすすめです。