第二電力の場所貸し発電とは

太陽光発電の普及が急速的に進みつつある中で導入を躊躇ってしまう要因の一つが費用の高さではないでしょうか。
家庭環境によっても変わりますが一般的に4人暮らしの家庭の場合消費電力量を賄えるシステム規模にすると少なく見積もっても約200万円かかるとされています。
そんな中費用を全くかけずに太陽光発電を導入できる第二電力の場所貸し発電が人気を集めています。
必要な物はシステムを設置する屋根、又は屋上のみ、実質資金負担ゼロで20年間総発電量の5%を賃料として受け取ることが出来ます。
個人で太陽光発電を導入するとなると設置費用だけでなくシステムの定期的なメンテナンス費用、土台となる屋根の補修費用が必要になります。
第二電力の場所貸し発電なら契約期間中の屋根、システム、付帯設備全てのメンテナンス費用を受け持ってくれるため事故やトラブルで突発的な費用が発生することはありません。
設置場所を貸すだけで収入が得られるだけでなく省エネ、節電効果も期待できます。